診療内容

泌尿器科疾患
   
腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、生殖器(主に男性)に起こった病気を取り扱います。
  排尿に関する症状  
   
頻尿、夜間頻尿、尿もれ、排尿困難、尿意切迫 (おしっこをしたくなったら我慢出来なくなる) などがある場合、前立腺、膀胱、尿道等の異常が考えられます。

男性では、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がん、女性では慢性膀胱炎、間質性膀胱炎、骨盤内の筋肉や靭帯が緩むことによって起こる腹圧性尿失禁 (せき、くしゃみ、重いものを持った時の尿もれ) などが代表的です。

最近では、過活動膀胱と呼ばれる病気で、男女を問わず、頻尿、尿意切迫、尿もれで悩んでいる方が多いと言われます。これらの症状がある場合、ほとんど苦痛を伴うことのない検査を行った上で、治療をいたします。

女性の腹圧性尿失禁で、失禁体操、薬物療法でも治療効果がない場合、当院では干渉低周波治療を行っています。また、連携病院での失禁防止手術も可能です。
  尿路性器がん  
   
腎臓、膀胱、尿管にがんが発生した場合、血尿を認めることがあります。
肉眼的にわかる血尿、検査でわかる血尿、いずれの場合でも詳しい検査を受けられることをおすすめ致します。

前立腺がんは、近年急速に増加しています。初期では、無症状か軽い排尿困難のみしかみられない事が多いようです。PSAという採血でわかる検査がありますので、50歳を過ぎた方は無症状でも、年1回はPSA検査を受けられた方が良いでしょう。
  尿路感染症  
   
女性に多い膀胱炎、男性に多い尿道炎、ともに主な症状は排尿時の痛みです。
まれに、菌が腎臓まで侵入して、高熱が出る腎盂炎もみられます。
治療は抗生剤の内服か点滴を行います。
  性行為感染症 (STD)  
   
クラミジア感染症が最も多く、淋菌感染症 (いわゆる淋病) もしばしばみられます。どちらも尿道炎症状が現れますが、一般的には淋病の方が症状が強いようです。クラミジア感染症では、まったく症状が出ない事もありますので、パートナーがクラミジア感染症と診断された場合は検査を受けられた方が良いでしょう。尿の検査で診断可能です。

その他、STDには、尖圭コンジローム、性器ヘルペスという性器にイボのようなものや、水泡ができるものがあります。ヘルペスはピリピリとした痛みを伴う事が多いですが、尖圭コンジロームは痛みのないイボができるのが特徴です。

いずれのSTDもご本人さんだけでなく、パートナーや、場合によっては不特定多数の方に病気を広める可能性がありますので、何か気になる症状があればすぐ受診して下さい。
  ED (勃起障害)  
   
EDとは性交時に完全な勃起が得られないため、満足な性交ができない状態の事です。勃起がまったく起こらない、途中で萎えてしまう、勃起が起こっても硬さが十分でないなどいろいろなケースがあります。

最近は比較的若い年代の方にもEDが増加しています。精神的な要素が関与している場合が多いと言われています。中年以降の方には、高血圧、糖尿病などの基礎疾患が原因となる事もあります。

EDが疑われる場合は、まず医療機関を受診していただき、問診、尿検査、血液検査などを行ったうえで治療を開始いたします。以前は漢方薬、精神安定剤などで治療をしていましたが、現在はバイアグラを使用するケースがほとんどです。
また、最近はバイアグラの他にもレビトラ、シアリスという新しい薬も発売されました。
それぞれに特徴がありますので、患者さんの状態に応じて使い分けできるようになりました。
ただし、これらの薬は健康保険が使えませんので、自費診療となります。
ED自費診療について
  男性型脱毛 (AGA)  
   
成人男性にみられる脱毛で、いわゆる「若はげ」のことです。遺伝や男性ホルモンの影響があると言われています。額の髪の生え際や後頭部が薄くなってくるのが特徴です。

最近の研究でAGAは、DHT (ジヒドロテストステロン) というホルモンが関与して、髪の毛の成長期を短縮させる事がわかってきました。
髪の毛の成長期が短くなると、長く太く成長するまでに抜け落ちてしまいます。

これに対する治療として、内服薬のプロペシアが登場しました。
プロペシアは欧米ではもともと前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。
前立腺肥大症もその発生、進行にDHTが関与しているためです。

プロペシアはDHTの産生を阻害することによって脱毛の進行を抑える効果を発揮します。
国内の臨床試験では60%以上の患者さんに効果を認めました。
ただし、治療には長期間を要します。早くとも6ヶ月、明らかな効果を自覚できるまでは2〜3年かかるとも言われています。途中であきらめず、根気よく服用を続ける必要があります。
プロペシアもED治療薬と同様、健康保険が使えませんので自費治療となります。
AGA自費診療について
  精管切断術 (パイプカット)  
   
避妊を目的とした手術です。精巣(睾丸) で作られた精子の通り道である精管を切断します。
左右とも行います。

局所麻酔で手術時間は20〜30分ほどです。
術後、精子は出なくなりますが、射精は通常通り可能です。
手術費用について
腎臓内科
   
腎臓は尿を作ることによって体外に老廃物を排泄し、体内の水分量を調節する働きがあります。
その他、血圧を調節するホルモンや赤血球を産生するホルモンを作っています。

腎臓の機能が悪くなってくると、体内に老廃物や余分な水分がたまり、さまざまな症状が現れます (尿毒症)。また、血圧が異常に高くなったり、赤血球の産生が低下することで貧血になったりもします。

腎臓が悪くなる原因はいろいろありますが、最近では糖尿病による腎機能低下が増加しています。
それ以外にも慢性腎炎、高血圧、加齢、膠原病、先天性疾患、高度の排尿障害などでも腎機能の低下が起こります。

健診の尿検査で血尿や蛋白尿を指摘された、かかりつけの主治医から腎機能低下があるといわれた、尿の量が極端に少なくなり、身体にむくみがでてきた、などの場合は要注意でしょう。
とくに高齢の方、高血圧や糖尿病をお持ちの方は早めに受診されて検査を受けられる事をおすすめ致します。

血液検査、尿検査、超音波エコーなどで腎機能に異常をみとめた場合は、腎不全としての治療を要するでしょう。腎不全を放置すれば最悪の場合、生涯人工透析を必要とする事になるかも知れません。
早めに腎機能障害を発見し、適切な治療を開始すれば人工透析を回避できる可能性があります。

当院では、腎機能障害の早期発見のための検査および腎機能障害に対する食事療法、薬物療法を行っておりますが、万が一、すでに人工透析を要する状態であれば、連携病院に速やかに紹介いたします。
また、特定の連携病院では腎不全の根治的治療である腎移植も可能ですのでご相談下さい。
その他の疾患
   
尿路結石、小児の夜尿症、男性更年期障害など、さまざまな疾患があります。

少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご相談下さい。